悩み相談 悩みウェブ

悩みウェブ -悩み相談コミュニティ-

全カテゴリから検索 このカテゴリ以下で検索
恋愛の悩み(18歳以上)/ 恋愛の悩み(17歳以下)/ 性の悩み/ Hの悩み/ 妊娠の悩み/ 結婚の悩み/ ダイエットの悩み/ 身体・美容の悩み
ファッションの悩み/ 病気の悩み/ 家庭の悩み/ 人間関係の悩み/ 心の悩み/ 夫婦の悩み/ 育児の悩み/ 家事の悩み/ 料理の悩み
仕事の悩み/ 学校の悩み/ 勉強の悩み/ 将来の悩み/ お金の悩み/ ペットの相談/ パソコンの悩みNEW/ その他の悩み/ 疑問・質問/
アンケート/ テレビの話題/ 芸能人の話題/ 指名して相談
TOP > 指名して相談 > 夕映えの空様へ。梅より。

指名して相談

投稿情報 内容
NO.194191 夕映えの空様へ。梅より。
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/15 17:53:57
こんばんは。お久しぶりでございます。

夕映えの空さん。梅です。

昨日、例の喫茶店に行きましたところ、意中の女性は休みでした。

変わりに別の女性従業員さんが対応してくれました。因みに意中の女性とこの女性従業員さんは仲がとても良いです。(お茶等もよく行くみたいです。)

いつも通りに接客していただき、コーヒーを頂いてところ、話かけていただき、「そういえば以前に接客させて頂いたAが退職しました。」と言われ、僕は「そうなんですか?Aさんにも良くしていただきましたよ。」等の会話してから、「B(僕の意中の女性です)も以前に接客させて頂きましたよね。」と言われ、「そうですね。いつもよくしてくださってますよ。」と返したところ「Bの事、覚えてくださってますよね?」と・・・「はい。覚えてますよ。」と僕は言いました。
「そうですよね。Bは今日休みですが、いつもいますからね。仲良く話してくださいね。またお待ちしております。」と会話は終了しました。

僕の解釈ですが、Aさんの話は取っ掛かりとして僕に言い、この女性従業員さんとBさん(意中の女性)が何か僕の事で、話でもしたのかな。なんて直感で思いました。

僕から何も話を振ってないのに、この様な話をされるなんて・・・Aさんの退職話だけなら分かりますが・・・何かあったのでしょうか。今更・・・「覚えてくださってますよね?」なんて。

気になります。長文になりましたが夕映えの空さん。

宜しくお願い致します。







投稿情報 内容
NO.924020
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/18 22:04:45
こんばんは。夕映えの空さん。

返信ありがとうございます。

はい。また相談させて下さい。

乱文な部分等あるかと思いますが、これからも宜しくお願い致します。


投稿情報 内容
NO.924006
夕映えの空さん(男性/60歳)
2018/04/17 22:50:00
梅くん。。。レスありがとう。。。

君の年齢がもし事実なら、オヤジの娘と同い年です。

だから、また、彼女との進展あればスレ下さい。
父親に相談するつもりで。。。

息子の相談だと思って、真摯にお答えしますからね。

上手くいくといいね。。。祈ってるよ。。。V

投稿情報 内容
NO.924003
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/17 17:46:48
こんばんは。夕映えの空さん。

度々の返信ありがとうございます。

本当に恋愛やらコミュニケーションというものは、難しいものですね。

相手にとって不本意というか、「悲しい」答えというのもじーんときます。

「誤解」も生んでしまう時もあるし・・・人間ってやつは・・・本当に難しい生き物ですね。

夕映えの空さんならば、手を重ねるんですね・・・僕もそうすれば良かった!
僕はその時捻くれた解釈をしてしまったんです。心の中で、「他のお客にもやってるんだろ」「リピーターを増やすためだろ」等・・・素直になれませんでした。
僕が振り払わなければ彼女は、ずっと手を重ねたままだったと思います。

何と申しましょうか・・・本当に肌と肌がくっつき磁石みたいだったんです。
肌の相性が抜群に良かったのは覚えています。

恐らく彼女なりのアプローチだったんですよね?

いつか「あの時はごめん。手を撥ねてしまって。自分も君を好きだったんだよ」と伝えられる日が来ることを願っています。

それに向かって努力していきたいと思います。誠実に穏やかに自然体で焦らずに接近していきたいと思います。

これからもこんな若者の相談に乗ってください。

貴重な時間を煩わせてしまいすみません。




投稿情報 内容
NO.924002
夕映えの空さん(男性/60歳)
2018/04/17 16:36:35
上記の様なシチュエーションの場合、どの様に対応しますか?。。。の質問ですが、オヤジが貴方の歳で同じ場面に遭遇したと仮定してお答えするなら。。。私なら自分の手を裏返して「軽く指で相手の手の平に添えるように重ねるでしょうね」。

そこでジジイが年寄り臭い説法を述べますね。。。

「禅」の言葉に『拈華微笑(ねんげみしょう)』というのがる。
これはこころの問題でもあり、以心伝心を問うています。

何が言いたいかと申しますと、人は言葉を通じてコミュニケーションが必要だということ。誰もが己のこころを悟ってくれません。特別な修養なる感受性を持つ人でもない限り。
それと、以心伝心とはその伝えるコミニティーの中から養えるものだということ。
だから最初に「誤解」があっても仕方ないことでもある。

でも、相手にとっては「悲しい」答えだったやも知れませんね。

そこで、その名誉を挽回する意味において具体的コミュニケに転化するのです。

そこで真実を伝えるのです。
そうして相乗を得て、初めて以心伝心は生まれるものだから。

その時の感情的誤解を解くには、やはり、彼女に本当の貴方の気持ちを伝えることからしか始まらないということです。
「あの時はごめんよ。つい緊張して撥ねてしまって」と、言えばいいだけ。
「でも、それは君のことが自分も好きだったから。。。」と。

ようするに「その場所」に辿り着くことです。

気持ちは伝えることから「生きる」ものですよ。

そのための「行動」もまた、重要なメソッドだから。。。V

投稿情報 内容
NO.924000
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/17 15:18:04
こんにちは。夕映えの空さん。

返信ありがとうございます。

そうですよね。お互いの「幸福感」やら「第一印象」等もありますね。

逆に僕が彼女の事を「好き」って言うのを分かられた方が、彼女の方も序所にですが、意識してくれるものと信じています。

これからが本番ですものね。

随分前になりますが、彼女が自分の手を僕の手に重ね(1分程)られた時、僕はちょっときつめに彼女の手をどかしてしまったのです・・・緊張と恥ずかしさからです。その時、彼女はとても悲しそうでした。今にも泣き出しそうな顔で・・・あまりにも可哀想で僕はその場から立ち去ってしまったのです・・・その時の事を僕は男としても情けないし、後悔しています。何で素直になれなかったのかと・・・。

夕映えの空さんなら上記の様なシチュエーションの場合、どの様に対応しますか?参考程度にお聞かせください。

宜しくお願いします。

投稿情報 内容
NO.923998
夕映えの空さん(男性/60歳)
2018/04/17 12:25:33
僕の意中の女性は僕の事を少しでも好意的に意識してくれているのでしょうか?  ← それはなんとも言えません。。。

ただ、恋愛においても生きることにおいても大切なことは「幸福度」をアップさせることです。

そのためには自分自身が「幸福感(セレトニン効果)」を抱く必要があるということ。

そのためには自分自身の行動において精査してみることです。

不満や憂いを抱いて生きていては、そのセレトニン効果は減退します。

まずは不足している部分をよく忖度なされ、補うことも大切だと考えます。

「人柄」が良い方というものは、大抵は人に好かれるものです。
彼女が貴方に「好意」を抱くか否かは、貴方の人柄もまた左右するということ。

この男は私に興味がありそうだが、カラダ目的ではないか?、あるいは、遊び感覚で私にちょっかい出しているのか?というような疑心を与えていないかと考える必要もあります。
つまりね、「親和動機」というものが大切なんですね。

彼女が君に「この人は誠実で優しい方」だとの認識が生まれたら、もう、そのステージ立っているともなり、君のアプローチも生きてきます。
あとは君の行動、情熱しだいということにも。。。

もっと厳密に言えば、相手に評価を求めるのではなく、自分自身がその評価に値する人柄を形成するということでもある(自己評価の向上)。

それが結果、この男性は誠実な方だから心許しても心配はないわ、ともなるのです。

人生においても、恋愛においても、一番大切な概念は、「自分のこころ」だということ(それがあらゆる命の根源でもある)。

君がおのずから「自分はイイ男(容姿の意味ではない)」であれば、なにも畏縮することもない。
胸を張ってアプローチすればいいだけ。

女性は敏感だよ。。。だいたいは見抜かれてますから。。。

男性はどうしても恋においてさえ「達成感」を求めるものですが、女性はそうではない。「相手に本当に愛されているかの確信(感動)」を求めるものだから。。。

その感受性の相違を知れば、自分は彼女にどうしてあげるべきかも見えてもくる。
常に自己愛に走らず、自分を客観的視点を持つことも大切だと思いますので。

相手の胸襟に照らし忖度を絶やさない。。。そこにお互いの信頼関係と共に「愛」もまた相乗するものだから。。。

それから女性というものは「第一印象(初頭効果)」も大切でもある。
ともかく「イイ男」だと印象付けることも大切だと思う。
それがこれからの二人のつきあいにおいても「光背効果」を育てるものだから。。。

相手の気持ちを優先して、温厚篤実に取り組んでくださいね。。。
そうすれば事態は「好転」に左右するものだから。。。

誠実さと優しさ、穏やかさを武器に。。。彼女のこころを射止めてください。

焦らず、自分らしくね(虚勢、驕り、下心はダメだから)。。。V


投稿情報 内容
NO.923993
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/16 19:30:09
こんばんは。夕映えの空さん。

返信ありがとうございます。

焦らずに誠実に自分のペースで接近していきたいと思います。

そうですよね。女性同士でしかも仲の良い同士ですものね。

話題は精通していますよね。何となくそれは接客して頂いた女性従業員の会話から感じ取れました。

という事は、僕の意中の女性は僕の事を少しでも好意的に意識してくれているのでしょうか?

返信願います。

投稿情報 内容
NO.923989
夕映えの空さん(男性/60歳)
2018/04/16 09:27:26
そうです、焦らないことです。。。

恋愛心理というものを学ぶことにより、状況把握は違ってきます。

男性には「狩猟本能」というものが根幹にあり、好きな女性をゲットすると、なぜか急に情熱が希薄となってしまうような傾向がございます。

でもね、相手の女性が「自己肯定感のあるポジティブ思考」な方においては、男性は常に離脱危機感を持ち、その女性を大事にするものです。

君の恋慕なさる相手の女性がどのような方かは今の段階では未知数でもありますが、マイナー思考な方だとおつきあいも辛いやも知れません。

そこで問題なのは、男も女も「自己愛」の強い方は要注意ともなる。
それは「責任感」の重圧に堪えられないから。。。

でもね、その責任感(愛への忠誠心)こそが「本当の愛」ともなるのですが、自己中な方は「そこ」から逃げたがるのです。

恋愛において、女性と男性とは全く違う思考であるとうことを考える必要がある。
女性が一番嫌うのは「こころを傷付けられること」。
男性は「阻害されたような事実において傷つく」。。。

恋愛においてそのバランスを保つことの難しさ。。。
それは「追えば逃げる、逃げれば追う」というようなアンバランスが生じます。
だから想い過ぎると祖末にされるし、希薄だと愛されてないと想い、去られます。。。恋は実に難解である(損得回避性の法則)。

そんなところもよく考えて彼女に対峙なさってくださいね。。。

それから女性同士というものは、ほんんど話題は精通しているものです。
だから、君の噂も当然、彼女は承知なさっているものと存知ます。

それも自覚の元に行動なさってください。

焦らず、誠実に接近し、自欲を煽るような行為で接しない限り、彼女は君に接近してきてくれると信じます。

大丈夫だ、驕らず、おおらかに自然体でね。。。V。

また、疑問符あれば、お訪ねください。/恋愛心理学者より(笑)

投稿情報 内容
NO.923982
梅さんさん(男性/26歳)
2018/04/15 23:08:05
こんばんは。夕映えの空さん。

夜分遅く返信ありがとうございます。

そうですね。「彼女を愛している自分が幸せなんだ」や「幸福優先」という言葉がずっしりと響きました。

貢献し合うという事も大切ですし、相手の悪い部分・良い部分も受け入れる事ですね。僕は彼女の全てを受け入れるつもりでいますし、覚悟もあります。

僕だって伊達に26年生きてきたわけじゃないのです。

話は戻りまして、この間の女性を一人口説くのは「芸術」だというのは僕にとって名言です。

何となくですが、昨日接客してくださった女性従業員(既婚者)さんに、僕の意中の女性が僕の事で何か話しか、相談でもしたのでしょうか?何かそういう雰囲気が伝わってきてたのです。直感ですが・・・。僕も悪い感触はなかったのです。

これからが本番ですものね。頑張っていきたいと思います。

また相談に乗ってください。

投稿情報 内容
NO.923981
夕映えの空さん(男性/60歳)
2018/04/15 22:53:22
おう、あの時の梅君だね?。。。指名スレ、ありがとう。。。

そうですか。。。でも、良い感触だと思いますよ。。。(否定感のない)

そこでオヤジが君にアドバイスすることがございます。
恋愛において、「いい関係」を築くにはポジティブ感情の効果というものがあり、それを実行すること。
でも、それは何も相手の全てを賞賛すいるような依存的アプローチではございません。

相手の悪いことも良いところも含めてありのままを受容し、受け止めてあげることが大切。
「感謝」したり、「共感」したりして積極的にアプローチを重ねることで養われるものだから。。。
そこに脳の問題の既決能力と感情というものが符合して関係性において上手くいくようにもなる。
そう考えてアプローチしてゆけば、自己判断の歪みも薄れるともなるのですね。。。

それが結果、お互いが励ましあって(貢献し合う)、良い関係性が成り立ってゆく訳です。

オヤジはそこで一言いいい述べるなら、「自分のメリットだけを求めてはならない」ということ。
つまりね。。。「生理的欲望」を優先させずに、「幸福優先」を考えること。

要するに恋愛において利害優先するような感覚はいずれ破綻に導いてしまう危惧をはらんでいます。それを「衛生要求」ともいいますが、そこには必ず落とし穴が。。。

彼女を自分のモノにして満足したいと考えないで、「彼女を愛していることが自分はしあわせなんだ」と考えるようにね。
そう考えるなら事態はおのずと好転してきますから。。。

男というものは、好きな女を自分のモノにすれば、こころは衰退するという生理的本能があります(ハロー効果)。

だからこそ、そこに標準すれば、愛は長続きしないということにもなるのです。

よって「幸福優先」を考える必要性があるということ。

たとえ、彼女がカラダを許してくれなくとも、愛してあげるくらいの度量こそが、本当の愛だということね。

焦らないようにね。。。彼女のこと、本当に愛しているならば、「大切」にこころもまた包容してあげること。

そこに本当の「絆」が生まれるものだからね。

これからが本番だから。。。V






Copyright(C)悩みウェブ. All Rights Reserved.