悩み相談 悩みウェブ

悩みウェブ -悩み相談コミュニティ-

全カテゴリから検索 このカテゴリ以下で検索
恋愛の悩み(18歳以上)/ 恋愛の悩み(17歳以下)/ 性の悩み/ Hの悩み/ 妊娠の悩み/ 結婚の悩み/ ダイエットの悩み/ 身体・美容の悩み
ファッションの悩み/ 病気の悩み/ 家庭の悩み/ 人間関係の悩み/ 心の悩み/ 夫婦の悩み/ 育児の悩み/ 家事の悩み/ 料理の悩み
仕事の悩み/ 学校の悩み/ 勉強の悩み/ 将来の悩み/ お金の悩み/ ペットの相談/ パソコンの悩みNEW/ その他の悩み/ 疑問・質問/
アンケート/ テレビの話題/ 芸能人の話題/ 指名して相談
TOP > 家庭の悩み > 誰かに聞いて欲しい。

家庭の悩み

投稿情報 内容
NO.195696 誰かに聞いて欲しい。
いりべさん(女性/27歳)
2020/02/10 14:06:24
モヤモヤしては現実逃避を繰り返し、もう投げ出し状態です
とにかく誰かに聞いて欲しい、理解して欲しいという欲だけです。
「自分ならこうする」とかあれば、おねがいします。

簡単に言うと、
結婚を反対されている私。親に反発できない私。
私…先月27歳になりました。年収300未満。正社員。
彼…30歳。年収350程。正社員。
父…いわゆる昭和の亭主関白なガンコ人間。

付き合って2年。お互い年齢的にもそろそろ結婚を前提に同棲を考えていると親に報告。
父は真っ向から反対。理由は
・彼の年収が低い上に、歩合制の為昇給がない。
・同棲は無駄。
とのこと。

現状
・彼
転職する気全くなし。低い年収のくせに、子供欲しいと言い出す。自分に見合う未来予想が出来ない。
父とは真反対の性格で、温厚で怒らない、ズボラではあるが気の合う心の広い、一緒にいて苦にならない理想の男性。
・私
趣味も生活もお金を掛けたくないのでお互い今の年収でも私は全然OK。共働きOK。子供は不要。
幼い頃から親からのモラハラや圧力に脅え、自分で自分のことを決めることができない。親の了承を得ない限り不安で仕方がない。とにかく実家から出たいが、父からの報復に脅え不安でいっぱい。
・父
手は出さないがすぐ怒る、自分の思い通りにならない事は全て拒絶。子供は親がコントロールするべきと思っている。
彼に転職するなりなんなり収入を増やさないと認めないと。
私たちは子供はいなくてもいいが、父は最初から子供産まない選択肢はするなとのこと。


私がぱーっと家出をしてしまえば解決ですが、どうも彼は頼りなくて。それ以上に父に逆らうことが出来ないように教育された為、躊躇している。
いい歳にもなって親の言いなりなんて、自分でも情けない。可能であれば波風立てずに実家を出て、彼と同棲するなり結婚するなり、親と離れたい。

現在見出した解決策
1現状維持のまま、同棲もせず、籍も入れず、父の老衰や病死を待ってから行動をする(現在進行中)いつまでかかるか不明。
2父には彼と別れたと告げ、架空の低スペック男子と付き合っている事を匂わせ、今の彼がましだと思い込ませる
3家出をする(選択する可能性は薄い)

上記の問題点
1周りが結婚する中、結婚できない。彼はそろそろ籍を入れ落ち着きたいが、この作戦では叶わない。私はこのままでもOK。
プラス、何年かかるか分からない為、父と暮らすストレスに耐えられるかどうか分からない。トラブルを起こす度彼に当たり散らし迷惑をかけてしまう。
2「どんな奴か写真をみせろ」など、証明出来る事柄が必要なので、めんどくさい。上手くいかなかった時もめんどくさい。
3応援してくれている私と同じ父の圧力を受けている母が、父と2人になってしまい可哀想でならない。母は気にするなと言うが、ことを荒立ててしまうし、不安が付きまとうし。可能な限り穏便に済ます為、この選択肢はしたくない

私は年収350は決して低くないと思いますがね。
子供欲しいならかなり足りないが…





投稿情報 内容
NO.928975
ミラさん(男性/43歳)
2020/02/14 00:56:35

年収360万は今の時代、普通だろう。

あなたの父親の時代とは当然、違う。

時代が変われば常識も変わると言う事。

更に、あなたも年収360万つまり世帯収入720万は、じゅうぶん暮らして行けるレベルだろう。

男だから女だからと言うのもナンセンス。

更に付け加えるなら結婚は当人同士が良ければ総て良し。

あなたの父親がギャーピー騒ぐのは可笑しいし時代錯誤も甚だしい。

この回答を見せてやれば良い。


投稿情報 内容
NO.928949
満月さん(女性/67歳)
2020/02/10 20:00:31

いりべさん こんばんは。

「私ならこうする。」ではなくて、「私はこうした。」というお話です。
私もちょうどあなたと同じ年くらいの時に結婚しました。あなたのように両親に反対された結婚でした。
あなたと違うのは、父が優しくてほとんど怒られたこともなかったという点でしょうか。ただ私の場合は父との価値観が違いすぎて説得できる自信がなく、早々にあきらめて家をでてしまったのです。「かけおち」のようなものですね。

そして、一年後に子供ができて実家へつれて行きました。「敷居はまたぐな」と言われたにもかかわらず敷居もまたいでしまったんですね。
それは何故かというと「親子の縁を切る」と言われても、それは本心ではなく、疎遠になることのほうが親不孝のように思えたからです。

その後3人の息子にも恵まれましたが、子供たちが小学生の時に夫の会社が倒産して家も銀行にとられ、その上、愛人がいたことまで発覚して、本当に生きた心地がしませんでした。夫は反省もせず酒浸りになり、親の反対を押し切ってかけおちまでした結果がこれかと思うと泣くに泣けず、ただ子供たちのことだけを考えて必死で頑張りました。
そして今は息子たちも成人して独立したので私の任務は完了です。^^

こんな苦労をしたけれど何の後悔もありません。息子達も私の苦労を見ていたので「なんでお父さんみたいな人と結婚したの?」と聞いたりしますが、私は「お父さんと結婚したからあなた達と会えたし、お父さんと結婚したための苦労がお母さんには必要だったから」と答えます。
それは実感で、今私が心穏やかなのは夫が私に課した苦労のおかげで修行ができて大人になれたと思っているのです。

いりべさんが今の彼と結婚したとしても、結婚せずに自然消滅して他の人と結婚したとしても、その先には何があるか分からないのが人生というものです。
私が、結婚した時も、その後の人生の岐路に立った時も、何をもって選択してきたかというと「自分がどうしたいか」ということです。私の人生の羅針盤の向かう先は「自分の気持ち」なのです。一見わがままのように思われるかもしれませんが、それは自分の人生に自分が責任を持つということだと思っています。
自分の人生は自分のもので、誰に責任をもってもらえるものでもありません。
自分の選択であれば、その結果がどうであれ、それはしっかりと受け止めることが出来ると思うのです。
私からみれば、あなたは今結婚したいのに出来ないのはお父さんのせいのように思っているようですが、それは違うと思います。お父さんはお父さんなりの価値観で、親心として反対しているだけで、娘のあなたに恨まれる筋合はないのです。
あなたが本当に彼と結婚したいのなら、彼がまずご両親に挨拶をするところから始めればいいのではないでしょうか。写真を見せろと言われるということは、ご両親はあなたが結婚まで考えている彼の顔も知らないということでしょうか?最初は勇気がいるかもしれませんが、今後の自分のためにも、めんどくさいなどと言わず、自分の人生のために最善をつくしてくださいね。^^
 








投稿情報 内容
NO.928948
bourbonさん(男性/40歳)
2020/02/10 15:07:12
卒直に、自分ならこうするとか、自分はこう思ったという事を書きます。


「現在見出した解決策」は、現実逃避的であるとか全て稚拙に感じますがどうでしょうかね。

お父さんが言う事は、子供を思う親心からの発言だと思うし、娘を持つ親はどんな相手を連れて来たって先ずは反対するもんだと思いますよ。

「自分の思い通りにならない事は全て拒絶。子供は親がコントロールするべきと思っている」って部分は、お父さんが一家の主人でお父さんの支配下にいる訳ですから、仕方がない部分もあるかと思います。

そこから巣立ち、自立する事が結婚じゃないですかね。

「父からの報復に脅え不安」そんな、報復なんてしますかね?
疑心暗鬼か、被害妄想だと思うのですが…

それよりも、「親の了承を得ない限り不安で仕方がない」って部分が、一番心配じゃないですかね…
親も含めて、親類や知人からも祝福されて結婚する事は良い事ですけど、結婚自体は誰かの為にするんじゃなくて、自分たちの今後や人生を思ってする事でしょうからね。

人の意見に流されず、自身の判断と責任が必要じゃないですかね。
未成年じゃないので、基本的に親の了承が無くてもいいし援助も必要ないと思います。


お母さんや、彼とも真剣に話をしていますか?

「彼に転職するなりなんなり収入を増やさないと認めない」と言うなら、何処かいい就職先でも探してもらってはどう?

彼の「自分に見合う未来予想が出来ない」って部分も、意欲や目標の様な強い意志が感じられないって事はないですかね。

そもそも、親の反対が無かったと仮定して、その結婚自体に不安はないですか?
収入自体は、結婚し2人の収入を合算すると生活は問題ないですよね。

結婚して、2人で生活していける自信があれば
籍を入れて、2人で生活をしていけば良いと思います。






Copyright(C)悩みウェブ. All Rights Reserved.